FC2ブログ

新しい家

抽選で当たった家に二歳になった時、引っ越した

比較的閑静な住宅地で長い坂を登って我が家に到着した

庭は広く70坪弱の土地に、部屋が3個ある一戸建ての住宅地であった

その住宅地は60世帯位あった

公務員、社長、大学教授、会社員等、一般的な中流階級的な庶民の住まいだった



治験ボランティア無料登録はこちらから

スポンサーサイト



生まれた時頃の話4

ではなぜ、長く社宅住まいをしなかった

のか、

それは、ある住宅地に抽選で当たったか

らである。

それ以前にも親に借金をして

別の場所に土地を購入していたが、親が

お金がいりようになったので、すこしの

値上がりで利益はあったが、最初の土地

は手放すようになったそうだ

しかし、抽選で小さなマイホームが持て

たのでそれなりに、運があったんだと

思う




サラブレッドプラセンタ

生まれた頃の話3

社宅は団地だったが私は生まれたばかりなので

あまり良く覚えていない。

高度成長期の流行りの最先端の住まいだったと思う

でも、そう長くは住まなかったのだ





生まれた頃の話 2

父は一流企業に勤務しており、生まれた

時は社宅の団地に住んでいた。

私には2歳違いの兄がいて、私を含めて

4人家族になった


からだポカポカ!めぐりサラサラ【金時生姜プレミアム】

生まれた頃の話

私は東北地方出身の両親から生まれた

両親はお見合いで、母は裕福な農家の娘

だったが、野良仕事が嫌でサラリーマン

の父と結婚した
プロフィール

camg2323

Author:camg2323
私、今、人生の折り返しに差し掛かっています
今までの自分を振り返り
空想、妄想、実話を織り交ぜて語りたいと思います

カウンター
最新記事
お試しあれ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR